運動会
素敵な運動会・体育祭
search
最終更新:
【メラダンス】運動会で踊れる振り付け

【メラダンス】運動会で踊れる振り付け

緑黄色社会のヒット曲『Mela!』は、運動会のダンス曲としても大人気!

明るいメロディーと、前向きで力強い歌詞が、勇気を出して練習の成果を披露したり、クラスで戦う運動会にぴったりなんですよね。

この記事では、運動会で踊れる「メラダンス」の振り付けを紹介します!

「ひとつになろう! ダンスONEプロジェクト」の課題曲になったことから、さまざまな年代向けの振り付け動画がアップされているんです。

ぜひ踊りやすい振り付けを見つけて、運動会で披露してみてくださいね。

【メラダンス】運動会で踊れる振り付け

『Mela!』ポンポンダンス

チアガールが手に持っているポンポン。

ボンボンと濁って呼ぶ人もいるのですが、正確にはポンポンです。

英語の「pompon」、ダリヤの花の1種、に由来。

そのポンポンを使った「ポンポンダンス」を披露するのはどうでしょう。

この曲の元気さと相まって、きっと盛り上がる演目になると思いますよ。

ポンポンを手に持った「上下上下」や「右左右左」の直線移動の振り付けはダンスを大きく見せるので特にオススメ!

最後にポンポンで人文字を作ったり、ポンポンをみんなで放り上げたりと見せ場もたくさん作れそうです。

瀧乃涙pin句

『Mela!』緑黄色社会 @ GEMSTONE DANCESTUDIO

かわいらしい動きや、楽し気な動きを盛り込むのもオススメです。

例えば、体をくるりと回転させる、腰を左右に振る、ヒーローのような決めポーズをきめるなどです。

どれもポップな印象の動きなので、踊っているうちにテンションがあがってきます。

それから『Mela!』といえば、手拍子をサンプリングしたメロディーが特徴ですよね。

あれに合わせて手をたたいてみるというのも楽しそうです。

これなら見ている方も一緒に盛り上がれるでしょう。

山本

『Mela!』簡単振り付け・運動会ダンス

スタンダードな振り付けで見せられるメラダンスをお探しなら、この振り付けはどうでしょうか?

ダンスが苦手、難しい動きは取り入れたくないという方にオススメしたい振り付けで、小学生の運動会などにもぴったりです。

ジャンプをしながら頭上で大きな拍手、上半身を大きく動かしながら大きく足踏みをするなど、簡単な動きでパッと元気に見える動きが組まれていて見栄えのするダンス、振り付けに仕上がっています。

見せ場はサビでみんながそれぞれに好きなポーズでジャンプを決めるところですね!

うたたね

【運動会やお遊戯会向け】『Mela!』フラッグダンス

普通にダンスをするだけではなにか物足りない、というのであれば旗を持って踊る、フラッグダンスにしてみるのはどうでしょうか?

フラッグを持つ分、動きが大きく、派手になるのでとても見ごたえのあるダンスに仕上がります。

フラッグの色も派手目の色にすると青空に映える、きれいな団体競技になりそうです。

かわいいので幼稚園や保育園のダンスとしてもオススメです。

簡単な動きでも目立つ動きになって楽曲のイメージにもぴったりですよね!

うたたね

【キッズ向けダンス】『Mela!』

少しだけ複雑な振り付けに取り組んでみたいという時に、オススメのアイデアです。

前半では足踏みをしつつ、歌詞に合わせた動きをしていきます。

胸に手を当てたり、手を前に伸ばしたりですね。

またサビではケンケンパのようなステップを取りつつ、上半身を動かしていきます。

ヒーローを思わせるような動きを盛り込むなど、思わず楽しくなるような振り付けが魅力です。

また、振り付け自体はゆっくりなので、複数人で動きをそろえやすいのもポイントです。

山本

【レインボープロジェクト】子供たちが『Mela!』踊ってみた

縄跳びを取り入れた振り付けに、挑戦してみるのはいかがでしょうか?

まずAメロでは、縄跳びを束ねて持ち、地面に向けてくるくると回します。

またBメロでは縄跳びを持った状態でステップをきざみます。

そして盛り上がるコーラス部分では、足踏みをしながら縄跳びをねじるように回転させていきます。

他にもさまざまな動きができるので、アレンジを加えてみてください。

2人で縄跳びをもって回すなど、複数人だからこその動きを取り入れるのも楽しそうです。

山本

【保育所・幼稚園向け】『Mela!』オリジナル振り付け

保育所・幼稚園向けの振り付けを探している方に、オススメのアイデアです。

こちらは『Mela!』の力強い曲調や、疾走感あふれるサウンドをいかしつつも、シンプルな振り付けをするというもの。

例えば、Aメロ部分はボックスステップを、Bメロはサイドステップをするなどです。

またリズムに合わせて手を大きく回したり、手の甲を裏表させたりしてもいいでしょう。

これなら小さな子供から大人まで、同じ振り付けで盛り上がれますね!

山本

続きを読む
続きを読む